薄毛とメタボが関係あるというのは、本当のことなのでしょうか? 実は、薄毛とメタボには密接な関係があるということが分かってきました。 内臓脂肪症候群、通称メタボとは、内臓脂肪型肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)に加えて、成人病と呼ばれる高血糖・高血圧・高脂血症の中の二つ以上が併発している状態を言うのです。 これを見て分かるように、メタボの方の血液はドロドロの傾向があるのです。 すると、血行が悪くなってしまうために、頭皮(自分でもある程度のケアはできますが、プロにやってもらうと格別に気持ちがいいものです)や髪に栄養が行き届かなくなって、抜け毛の原因となります。 また、このような成人病を持っている方の場合は、ホルモン異常が見られるケースが多く、ホルモンバランスが崩れることが原因での抜け毛も増えてしまいますよね。 さらに、それだけじゃなく、高脂血症の場合であれね、頭皮にも皮脂が過剰に分泌されてしまう傾向があります。 そのため、脂漏性脱毛症になってしまう危険もあるのです。 以上のように、メタボと抜け毛・薄毛は、大変密接な関係があるので、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)の為にも健康のためにも、メタボを感じ始めたらダイエットを行うようにしましょうー